マイホーム活用相談デスク

余裕のある老後生活のために

ご自身の持っている資産(土地・建物)を売却したり賃貸するなどして有効活用し、老人ホームへの入居金や月額費用に充てるケースも多くなっています。

理想的な暮らし方の実現のためにも、ご自身の資産活用を積極的に行っていく必要があると考えます。

 

介護を必要とされる方の「住まい選び」の情報に限らず、「豊かな暮らし」の提案を行っております。高齢者の方の暮らしで必要とされるサポートサービスをご案内申し上げますので、ご参考、ご活用して頂ければ幸いです。

 

マイホームの活用で、ご希望の老人ホームの入居を実現します

 

マイホーム売却

売却資金で老人ホームに入居する

マイホーム売却戸建てやマンションなど売却資金を老人ホームの入居金や前払い金に充当して安定した資金計画のもと入居するケースです。

親の面倒を看る子供たち世代の同居率が低いうえ、共稼ぎで働かなければならない状況であれば、高齢者ご自身が自分らしく暮らしていくためにも「資産を処分して備える」と考えるのも当然です。

 

借地権の売却

借地権は売れることをご存知ですか?

借地権の売却借地権を売却するためには地主様の承諾が絶対条件です。まずは、地主様がどうされたいのか、その意向を確かめることが先決です。借地人様と地主様がお互い話し合い、了解し合うことがベストですが、なかなか思うようには進みません。なぜなら、手続きが煩雑だからです。上手に借地権を売るためには借地権に詳しいプロに任せることをお薦めします。

 

マイホーム賃貸・借上げ

マイホーム借上げ制度とは

 

マイホーム借上げ制度とは

シニアの皆様(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げ転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の制度です。

 

マイホーム借上げ制度の特徴

マイホームがもうひとつの「年金」に。

最長で終身借り上げ、空き家の際も最低家賃を保証。

万一に備え、国の基金があるから安心。

入居者との契約期間が3年単位なので、売却しないでマイホームに戻ることも可能。

借地権の売却

このような方は、ご相談ください

一人暮らしで夜が不安。マイホームを売却して老人ホームに入居したい

老人ホームへの入居を検討しているが、マイホームを活用して生活費に充てたい

高齢になり老後の生活が不安。年金暮らしの為、地代の支払いが負担に・・・

自宅での生活が困難。老人ホームに入居したいが、マイホームを売りたくない

借地権を相続したものの、使用する予定がない

近いうちに借地の更新を迎えるが高額な更新料の支払いが困難

マイホーム借り上げ制度があるって聞きましたが、どんな制度ですか?

マイホームを賃貸するのはいいけれど、空き家になった時を考えると・・・

老人ホームに入る前に自宅を処分しておきたい

借地権を所有していますが、実際に価値があるの?

お気軽にお問い合わせください