医療・介護事業者の方へ
  • 在宅医療(訪問診療)開業支援
  • 訪問歯科導入・開業支援
  • 訪問マッサージサポート

 

在宅医療(訪問診療)開業支援プログラム

在宅医療(訪問診療)は、外来診療の開業と比べて初期費用は少なく開始できるのが特徴です。

 

 

訪問診療とは

訪問診療では、通院できない患者さんのお宅に定期的に訪問し、計画的な医学管理のもと診療いたします。また、地域の支援病院、訪問看護ステーション、薬局等と連携してご自宅での療養を支援いたします。

 

「訪問診療と往診の違い」

訪問診療は、定期的・計画的な医学管理のもとに診療します。往診は、病状の変化などによる患者さん・ご家族からの要請により診療します。

 

※訪問診療が受けられる方
 ・病院に通院できない方
 ・通院が困難な方

** 在宅医療に追い風 **

厚生労働省が推進する病院の機能分化により、病床数の半減、入院日数の減少が推測されます。 特に、終末期医療においても、入院治療から在宅医療へ加速する可能性が大きいと予想されます。

できるだけ住み慣れた地域やご自宅で療養できるように、身近な人に囲まれた家庭で療養の継続ができるように、支援体制として、在宅医療サービスの充実が急がれています。

 

1. 介護付療養病床の2012年全廃 ・ 介護療養型病床(全国14万床)
・ 医療型療養病床(全国24万床)
・ 療養病床全国38万床  → 50%減少の可能性
2. 全癌死亡者数の増加 ・ 医療型療養病床(全国24万床)
3. どこでなくなりたいかアンケート ・ 医療型療養病床(全国24万床)
4. 医療提供体制の改革の基本的動向(在宅支援機能の強化) ・ 患者のQOLを重視した地域医療
・介護福祉サービスの総合的な提供
・ 入院中心でなく、在宅中心
・ 訪問診療、訪問看護、維持期リハなど在宅生活の支援
5. 介護保険の動向 ・ 末期癌患者への適応
・ 高齢者専用賃貸住宅制度の拡充
・ 良質な高齢者住宅の整備 等
6. 在宅療養における24時間対応体制の評価 ・ 在宅総合診療料 → 在宅時医学総合管理料として点数の引き上げ
7. 医療費適正化計画の策定 ・ 介護サービスと連携した在宅医療の充実 ・ 入院から在宅への移行を円滑のする患者の受け皿の確保 ・ 生活機能を重視した総合的なサービスの提供 ・ 療養病床・訪問看護・訪問リハビリの機能分担の明確化(平均在院日数の短縮

 

1.事業計画・資金計画

 

2.開業希望エリア・マーケット分析

3.開業までのスケジュール作成

4.開業エリア・物件探し

5.医療設備・什器備品の選定

6.内装工事等

7.パンフレット/ホームページの作成

8.「診療所開設等各種届出」

9.職員の募集

10.営業活動

11.業務フロー及び各種フォーマットの作成

12.保険請求

13.開業後の業務支援

お気軽にお問い合わせください