東京都福祉サービス第三者評価事業のご案内

福祉サービス第三者評価事業のご案内

■東京都福祉サービス第三者評価とは?

(定義)
福祉サービス第三者評価とは、事業者でも利用者でもない第三者の評価機関が、事業者と契約し、専門的かつ客観的な立場から、サービスの内容や質、事業者の経営や組織のマネジメントの力などを評価することです。

 

 

■福祉サービス第三者評価の目的は?

福祉サービス第三者評価は「利用者本位の福祉の実現を目指して」行われるものです。 第三者の目から見た評価結果を幅広く、利用者や事業者に情報を提供することにより、サービスの内容を利用者に見えるものにしていくことです。
具体的な目的は二つあります。

●利用者のサービス選択のための情報提供とサービス内容の透明性の確保 「自分の利用したい事業所の特徴はどのようなことか?」「サービスの質はどのような状態にあるのか?」など、利用者の皆様が事業所の内容把握やサービスを選択をする際のめやすとするための情報提供を図ることです。

 

●事業者のサービスの質の向上の取り組みを推進 福祉サービスを提供する事業者の皆様が、利用者の真のニーズを把握し、それに応える多様なサービスを提供するとともに、サービスの質の向上への取り組みを推進することを可能にすることです。

 

■東京都福祉サービス第三者評価機関とは?

適切な第三者評価を行うための一定の要件を満たした上で、「東京都福祉サービス評価推進機構」から「評価機関」として認証を受けている法人(認証評価機関)です。

 

 

■評価者とは?

認証評価機関に所属し、評価を実施する者を「評価者」といいます。 評価者は、評価を行うのに必要な資格や経験を有し、「東京都福祉サービス推進機構」が実施する評価者養成講習を修了し、必要なフォローアップ研修を受講しているもので、機構が公表する名簿に登載されているものです。

 

 

■標準的な評価の内容

  1. 標準的な利用者調査の方法 ご利用者本人やご家族、保護者の方々へのアンケート調査や聞き取り調査を行い、福祉サービスに対する満足度やご意見ご要望などを集めます。その調査結果は集計後、訪問調査の前に事業所にフィードバックします。
  2. 標準的な事業評価の方法 経営者層には評価シートを記入作成していただきます。全職員にも職員用評価シートに記入いただき無記名にて個別郵送で回収します。評価シートは「事業の運営面」と「サービスの内容・質」に分かれています。
  3. 標準的な訪問調査の方法 当社の評価者が1日、朝から夕方まで訪問調査に入らせて頂きます。施設内の見学をさせていただき、ご利用者、職員の様子、施設の環境などを観察し、経営層への聞き取り調査や各書類確認などをさせて頂きます。
  4. 評価者合議からフィードバック、結果報告へ 訪問調査後、評価者の合議により報告書の作成を行い、事業所にフィードバック致します。 最終の報告書にご了解いただけましたら評価推進機構へ提出し、数週間後にHP 上(とうきょう福祉ナビゲーション)にて評価結果が公表されます。
  5. 標準的な評価料金 (一部のみ掲載)

      サービス種別 利用者数 標準料金
    1 保育所 30 名 60 万円
    2 特別養護老人ホーム 100 名 80 万円
    3 グループホーム 18 名 30 万円~
    4 訪問介護 100 名 30 万円~

    ※ 事業所ごとにお見積致しますのでご相談下さい。
    ※ 上記以外のサービス種別の評価の可能です。別途料金見積致します。

 

お問い合せ先

03-6805-6050 第三者評価事業

第三者評価事業は株式会社ケアプロライフサポートが実施しております。